(K)西海市にある北緯33度線展望台はホテル咲き都の駐車場を利用




 

長崎県西海市にある『北緯33度線展望台』は、360度の絶景を楽しむことができる展望台。

 

九州本土からは、二つ目の島の先端に位置する観光スポットなのです。

 

展望台のそばには、旧日本海軍の遺構が保存されていて、自然歴史を楽しめる珍しい場所…

 

「ここからみる夕日は素晴らしいだろうね!」

「駐車場も完備されているので、車で訪れても安心!」

 

道路駐車場は整備されているので、安心して楽しむことができます。

 

島の先端の展望台だけに、風が強い日が多いので、帽子など飛ばされないようご注意ください!

 




 

長崎県西海市にある『北緯33度線展望台』は駐車場が完備されドライブに最適なスポット

長崎県西海市の崎戸島の最西端にある『北緯33度線展望台』

島の先端と聞けば、なぜだか行ってみたくなる心境は、中高齢な私の傾向なのでしょうか。

 

長崎県西海市の先戸島の先端には、『北緯33度線展望台』があって…

もちろん、島の先端にあるのです。

 

『日頃見れない景色!』

 

本当にそう思えるスポットなのでした!

 

▼写真の奥が『北緯33度線展望台』。素晴らしい景色なのです。

 

道路は整備されアクセスは安心!

島の先端にあるスポットを訪れるときに心配なのが…

 

道路などのアクセス

 

県道が整備されていますので、ドライブで訪れても全く心配はありません

女性だけのグループでも全く不安になることはないと思います。

 

グーグルマップカーナビで目的地を設定すると、迷わず到着です!

 

『ホテル咲き都』敷地内の駐車場を利用可能!

駐車場ですが…

 

『北緯33度線展望台』用の駐車場はありません。

 

展望台手前にある『ホテル咲き都』の駐車場を利用することになりますが、多くの観光客が当たり前のように利用していますので問題はないでしょう。

 

ホテルが掲示しているご注意書きには、これはトラブルの際のホテルの責任負いませんという免責事項。

 

なので、常識の範囲で駐車場を利用すれば良いかと思います。

 

なお、ホテル咲き都には、お茶を楽しめる喫茶店などの利用が可能ですから、ご利用するのも良いのではないでしょうか。

 

▼立派な『ホテル咲き都』。

 

▼駐車場の注意書きです。マナーを守って利用しましょう。

 

▼たぶん信楽焼の狸かと…

 

駐車場から『北緯33度線展望台』までは徒歩で数分

遊歩道が整備されているので徒歩で安全に移動可能だったこと

さて、ホテル咲き都の駐車場に車を止めて、北緯33度線展望台を目指します。

 

展望台までは、整備されている遊歩道がありますから、不安はないかと思います。

距離的にも徒歩数分ですから、本当に楽に移動できます。

 

ただ、風が強いことがありますので、帽子など飛ばされないようにご注意下さい。

 

▼遊歩道沿いには以前使われていた遊具もありました。

 

▼数分で展望台に到着です。

 

▼途中大きな木もありますが、それだけ自然豊かなスポットですね!

 

360度の展望に感動する『北緯33度線展望台』

下調べの段階で、『360度の展望』という書き込みがありました。

 

一体どんなものだろうと…

正直、楽しみだったのです。

 

すると、展望台に到着すると、確かに、360度の眺望が楽しめます。

 

海に向かって広がる眺望のすばらしさと、反対を向けば、まるで馬の背を歩いてきたかのような遊歩道

 

海面からの高さもすごく、風の強さを感じます。

 

さらに、この眺望をスマホで撮影できる専用の『自撮り台』が用意されていますので、これは良い記念になるかと…

 

しばらく立っていると、日頃の忙しさを忘れてしまうようです。

 

ぜひ、ゆっくりとした時間で楽しみたい『北緯33度線展望台』です!

 

▼これを上がると、素晴らしい眺望!

 

▼海からの高さが相当にあるので、怖いくらいです。

 

▼振り返るとホテル咲き都が見えます。

 

記念撮影用のスマホ台を使って見る価値もアリ!

これが、記念撮影用の自撮り台です。

 

指定された台にスマホをセットすると、自然に素晴らしい景色の背景に自撮りできるというものです。

額縁的なデザインも施されていますので、面白いかもです!

 

▼自撮り台ってなんだろう…意味がわかりました。

 

▼ここにスマホを挟むのですね!

 

▼いい感じで写真撮影できます。

 

旧日本海軍施設『聴音所』は保存状態が良く当時の空気感を体感可能!

展望台とは直接関係はないのですが…

 

展望台のそばには、旧日本海軍の遺構が保存された形で残されています。

 

中に入ることはできませんが、外壁にツタが絡まった様子や、ヒビが入った壁の様子から、歴史を感じることができます。

詳細は、看板等で確認できますから、展望台とともに観光のスポットだと思います。

 

▼外から楽しめる遺構です。

 

▼時間の経過を感じれる外壁。

 

▼ツタでしょうか。ビッシリでした。

 

▼近くのテイクアウト可能なオススメな喫茶店『カフェひこばえ』の投稿もご覧ください!

(G)長崎県西海市大島の『カフェひこばえ』テイクアウトもおすすめ

 

▼まとめ記事もご覧ください!

(K)カヤの車めぐり旅まとめ記事

 

▼2020年2月以前の記事は別ブログで投稿しています!

(S)でなおし

 

施設情報

所在地 長崎県西海市

施設名 北緯33度線展望台